スズキ スイフトってこんな車!3年乗って良かった事・気になったこと!

更新日:

皆さんこんにちは、リョウです。
今回は半年前に手放しましたが、3年間愛用したスズキ スイフトの感想等を書いていきます。
このモデルは中古車もかなり出回っていると思いますので気になる方もいると思います。
以下個人的な感想ですので参考程度にしていただけたら幸いです。
それではどうぞ!

基本スペック

僕が購入したのはRSというモデル。2011年11月発売で、XGをベースに足回りを欧州仕様にチューニングした特別仕様車です。
それでは僕が購入したモデルの基本的なスペックを見ていきましょう。

ボディタイプハッチバック
ドア数5ドア
乗員定数5名
全長×全幅×全高3850×1695×1510mm
室内長×室内幅×室内高1905×1385×1225mm
総排気量1242cc
使用燃料レギュラー
最小回転半径5.2m
駆動方式FF
トランスミッションCVT
燃費20.6km/L

基本的なスペックはこんな感じです。

購入に至った経緯

まず僕がスイフトを購入するに至った経緯ですが、スイフトの前は軽自動車に乗っていました。しかし高速道路や坂道での走りが不満だったり、お下がりの車だったんで自分で選んだ車に乗りたくなったんです。

ただ、免許も取り立ててでそんなに大きな車だとぶつけるかもしれなくて嫌だったのでコンパクトカーに絞りました。

そのなかでも特に気になったのは、走りがいいと聞いたスイフト、車内の広いフィットとキューブの3台がなんとなく気になってました。

見た目が一番好きなのはスイフト>フィット>キューブ
車の中も実際に見てみてスイフトが良いなと日に日に気持ちが大きくなっていきました。
で、値段もスイフトが一番安かったですし、スイフトに決めました。

3年乗ってみた感想

さて感想です。
内装の感想は良く言えばシンプルで黒基調のかっこいい系、悪く言えば安っぽいです。
というか安いんだと思います(笑)

RSはハンドルやシート、シフトノブにステッチが入っており、これがアクセントになっていて良かったです。
外装はエアロパーツが標準でついていました。これもかっこよくて好きです。
ただフロント部分の高さが結構低く、駐車場等の車止めに擦りそうな高さです。
僕は擦るのが怖かったのでいつもバックで止めていました。

スイフトの走りですが、とても良かったです。
加速もそれほど悪くなく、RSは固めの足廻りだったのでカーブの安定感、高速走行の安定感がありました。ロールすることなく素直に曲がってくれる感じです。

気になる燃費ですが、平均で17.5km/Lくらいでした。
満タンから走ると700km位走りますかね。そんなに悪くはなかったです。

ただ最小回転半径は5.2mと、フィットやキューブに比べると大きめで、狭い場所で曲がりきれずに切り返さないといけないのが気になったところです。

あとパドルシフトがついており、坂道を下るときにエンジンブレーキを使って降りる時などに便利でした。MTモードもあるのですが使わなかったです。パドルシフトはあってもシフトチェンジが面倒でしたので(笑)

中の広さなんですが、前席は大人が乗っても充分な広さがありますが後席はかなり狭いです。
とてもじゃないですが大人4、5人で長距離を走るのは厳しいと思いました。
荷室も狭いですね。室内の広さは購入前に要チェックです。

まとめ

いかがだったでしょうか?気になるところもありますがいい車だと思います。
1、2人で乗ることが多く、荷物もそんなに載せないというかたにはおすすめだと思います。

それではこの辺で!

-
-, , ,

Copyright© RnB , 2019 All Rights Reserved.