【聲の形】漫画を全巻読んでみたので映画との違いをご紹介【ネタバレ注意】

皆さんこんにちは、リョウです。

以前、前情報無しで映画を見てきたのですが、漫画も読んでみたので映画との違いと感想を書いていこうと思います。

関連記事:【ネタバレ有り】映画聲の形を何気なく見てきたら面白かった!

原作漫画が配信中!

マンガBANG!

マンガBANG!

無料posted withアプリーチ

「聲の形」の映画とマンガの違い

このマンガがすごい!2015(オトコ編)に選ばれたマンガで全7巻。作者は大今良時。

さて、映画とマンガの違いを、覚えている限り簡単に書いていこうと思います。

当たり前なんですが、7巻の漫画を2時間の映画にまとめているので結構カットされていたり、改変されています。特に大きくカットされているもので3つありました。

  • 高校3年の時の映画作り
  • 高校卒業後の進路とか
  • 主人公将也が病院で昏睡状態の時の各キャラのエピソード

以上が主なもの。映画の時間上仕方無いとは言え、どれも重要な話でした。
映画を見たあとにこれらの話しを見ると、また違った感想が出てきました。

それでは少し詳しく話していきたいと思います。

高校3年のときの映画作り

高校3年ということで漫画としては後半、終盤の話しになります。
永束くんが主体となりみんなで映画作りをしていき、最終的に文化祭で流したりコンテストに出品したりします。

また、小学校の先生が出てくるのですが相変わらずクズでした。

また、映画では描かれなかった進路のことも、この映画作りが大きく関わってきます。
なので映画のラストは進路のことが描けず、文化祭で終わったのかなぁと。

印象が変わったのは真柴くんですかね。将也と一緒に小学校へ行ったりするので友達感がだんだん出てくるんですが、映画ではそんなに絡みがなかったので薄っぺらいなぁと思ってました。

みんなの進路とかその後とか

映画では文化祭でラストを迎えましたが、原作では成人式に参加してラストを迎えます。映画づくり編がばっさりカットなので仕方ないですかね。

成人式で再開するのが感動でした。

各キャラのエピソード

これも尺の関係で仕方ないですが、映画では全くと言っていいほど描かれていませんでした。正直原作を読んで驚きました。

植野の将也に対する想い、佐原さんと植野の関係、真柴くんの過去、川井さんの性格等々、挙げるとキリがないですw

特に植野の将也に対する想いはびっくりしました。だから小学生の時はあんな行動をしてたのか、と。

とにかく映画では描かれなかった各キャラの細かなエピソードは見る価値ありです。

キャラの印象の変化

映画から入って原作を読んでみた僕の、それぞれのキャラへの印象が変わったののかどうか書いてみます。

将也と硝子は大きく変化は無し。

植野

植野の将也に対する想いがああいう行動をさせたのかと考えさせられました。
佐原さんと将来組むとは…

佐原さん

高校では女子にモテモテでびっくりしました。確かにボーイッシュでスラッとした長身だもんなぁ……

あとは植野との関係性ですかね。昔の事を乗り越えて植野と向き合っているのですごい。

真柴くん

過去にいじめられていたというのを知って驚きました。だから将也がいじめていたと知った時の態度も頷けるなぁと。

とりあえず映画だとなんで友達なの?って言う感覚だったので原作で知れて良かった。

結弦

不登校になってまで硝子を守る気持ちがより伝わってきました。
やっぱり漫画でも可愛かったです。

とりあえず見るべし

とにかく映画を見た人は原作を読むと、もっと楽しめると思います。
逆に言えば、原作を知らない人でも映画は十分楽しめます。泣けます。

原作を知ってる人が映画を見ると、ほぼ原作に沿っているので物足りないかもしれません。
ですが声優さんの演技を見るだけでも一見の価値ありです。

では是非皆さんも聲の形、見てみてください!

現在、Kindle版だと1巻が無料で読めますのでぜひ。(期間限定につき終了している可能性があります)

また、こちらのアプリでも1巻が読めますのでどうぞ。(期間限定につき終了している可能性があります)

それではこの辺で!

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

\ この記事はいかがでしたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

リョウ

割といろんな趣味を持つ既婚子持ちの会社員ブロガー。 自分が気になるモノを中心に配信しております。 質問があれば気軽にお問い合わせください! レビュー依頼等もお待ちしております。

-マンガ・映画
-

© 2021 あーるがれーじ