【SUV】アウトドアユースに新型エクストレイルはとても便利な理由

更新日:

皆さんこんにちは、リョウです。

現在僕も乗っている愛車のエクストレイル。

そんなエクストレイルはなぜアウトドアにぴったりなのか、実際に乗ってみて感じた魅力をご紹介します。

シートが防水

海に海水浴に行ったり、スキー場へスノボーに行ったりとアウトドアな趣味を持ってる方におすすめな防水シート。コレ本当に楽ですよ。

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab

引用 日産:エクストレイル

濡れてたり汚れたまま座っても、後から綺麗に拭き取れるので気にせず座れちゃいます。

スノボーなんか行くと駐車場でウェアを脱いで着替えて…とやると寒いですし、車中で着替えると雪が着いててシートが濡れちゃいます。しかしエクストレイルならシートが防水なので、そんなに神経質にならずに座れるのでウェアを着たまま運転することも可能。

また、ラゲッジスペースも防水になってるので、荷物も濡れや汚れを気にせず載せられます。

ちなみにこの防水シートは最低グレードから防水仕様。嬉しいです。

広い車内と大容量ラゲッジスペース

アウトドアを楽しむ上でとても重要なのはラゲッジスペースの広さ、荷物がどれだけ積めるのかでしょう。やっぱりアウトドアをすると荷物がたくさん必要になりますよね。

ラゲッジスペースが狭いと座席に置いたりしなければならず、複数人で乗るときにとても困ります。

その点エクストレイルは十分なラゲッジスペースがあります。

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab

引用 日産:エクストレイル

こんな感じでかなり広いです。

後席を倒せば相当広さのフラットスペースを確保出来ます。ちなみに以前エクストレイルの17インチタイヤを4本載せたのですが余裕でした。

また、ラゲッジスペースの間仕切り板を組み合わせることで有効にスペースを活用することが出来ます。

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bc%92

引用 日産:エクストレイル

もちろんこの間仕切り板も防水なので濡れている荷物も気にせず置けます。

また、車内の広さもアウトドアをする上では重要ですよね。大人数で遠出をするときなんかは、窮屈だと移動だけで疲れます。エクストレイルは後席もゆったり座れるので大人数でも楽です。

リモコンオートバックドアが便利すぎる

 

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bc%93

引用 日産:エクストレイル

これはオプションですが、キーを持った状態でバックドアのセンサー部に手をかざすと、ピッピッピッと音が鳴り自動でバックドアが開くという機能があります。これがとても便利。

例えば荷物で両手が塞がっててもかざすだけで開くので、荷物をいちいち置く手間が省けます。また、閉めるのも画像にあるバックドアのインナースイッチを押すだけなのでとても楽です。

また、キーにもボタンがあるので少し離れたところから開けることも出来て、待ち時間を短縮することも出来ます。

あと手動で開けることも出来ますが、開閉に少し力がいるので女性には辛いかなと思います。
まぁ滅多に手動では開けないのであまり気にしなくていいと思います。

安心安全な走行性能

アウトドアをする上で重要な走行性能。アウトドアはもちろん普段使いでも充分な性能があります。

まず、アウトドアの趣味を持っててエクストレイルを購入する方は、ほぼ4WDを選択すると思うので4WDの性能について触れてみます。

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab

引用 日産:エクストレイル

エクストレイルはフルタイム4WDではなく、走行状況に応じて切り替える機能になっています。上の画像に書いてある通り、3つのモードから選ぶようになってます。

LOCKモードにして発進し、高速走行になると自動でAUTOモードになるのでフルタイム4WDでの走行は出来ない仕様です。

僕は普段AUTOモードにしているのですが、トルク配分を画面で見てると坂道での発進時には少し後ろにトルクをかけるくらいで他は大体前輪駆動で走っていますね。

そして、先代のエクストレイルから大きく進化したのがシャシー制御性能だと思います。

コーナリング時には前後左右のトルク配分をコンピューターが自動的に行い、楽に曲がることが出来ます。滑りやすい路面でも自動でトルク配分を判断し、安定したコーナリングが出来ます。

また、悪路走行時に上下振動の動きを予測してエンジンとブレーキを制御し、振動を抑えることで乗り心地と安定感を向上させています。

その他便利な機能

クイックコンフォートヒーター

%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%ab%ef%bc%91

引用 日産:エクストレイル

前席シートだけなんですがシートヒーターがついてます。温度調節もHIGHとLOWの2段階あり、数分で暖かくなってきます。

冬場しか使えませんが、あるのとないのでは暖かさがかなり違います。体の芯から暖まる感じ。

後席エアコンとカップホルダー保温機能

エアコンの吹き出し口が、前席センターアームレスト後方とカップホルダー内に付いています。どちらも申し訳程度についているのでそんなに風量は無いですが、無いよりは良いかなと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

アウトドアに便利な機能が満載なエクストレイルに是非乗ってみてください!

それではこの辺で!

関連記事:日産新型エクストレイルを買って7ヶ月経ったのでレビューしてみる!

-
-

Copyright© あーるがれーじ , 2019 All Rights Reserved.