ブロガーにおすすめしたいWordPressテーマ「ストーク」をご紹介!

更新日:

こんにちは、リョウです。

最近僕の周りの話なんですが、はてなブログからWordPressに移行する方が多いですよね。
ここ数ヶ月で何人も「移行しました!」って言う人を見てきました(笑)

そこで

[voice icon="https://bibolog-ryo.com/wp-content/uploads/2017/03/kangaeruhito.png" name="画面の前のあなた" type="l"]WordPressに移行したいけどどのテーマにするか悩むわ~[/voice]

とこんな感じで悩んでるブロガーさん達に向けて、僕が使っているストークはこんなテーマだよっていうのをご紹介したいと思います!

[aside type="normal"]あ、Twitterやってますので良かったらフォローお願いします!
[/aside]



無料テーマと有料テーマどっちが良いの?

まず、WordPressで使えるテーマには無料と有料のモノがあり、しかもその種類は膨大な数が存在します。
デフォルトでもいくつか無料テーマが入っていたりしますが、無料のテーマって最低限の機能しか無かったりデザインがちょっとなぁ…ということがあります。

しかし無料テーマの中には、コレ無料テーマなの?ってくらい素晴らしいテーマもあります。

人気なのはStingerとかXeoryとか、僕もストークにする前に使っていたSimplicity2とかでしょうか?
「WordPress テーマ 無料 おすすめ」とかで検索するとかなりの数があって迷いますよね(笑)

で、結論から言うとどっちでも良いと思います

自分が本当に使いたいテーマが有料で、そこにお金をかけられるかどうかなんですよね。

有料テーマではショートコードが使えたり簡単にカスタマイズ出来ることが多いのですが、無料テーマにはそれらが無かったりします。
自分でCSSをいじってガンガンカスタマイズ出来る腕と時間があれば挑戦するのもいいですが、なかなか出来ませんよね…。

自分が使いたい機能が有料テーマにあればそれを買えばいいですし、無料テーマで事足りるならそれでオッケー!自分が作りたいサイトを作れるなら有料無料どちらでも良いでしょう!

でもやはりカスタマイズに時間をかけたくないって人は有料テーマが断然おすすめだと思います。

ストークを選んだ理由は?

実際僕がSimplicity2を使っている頃は、記事作成をするのに困ることは無かったんです。
レスポンシブ対応だったりカスタマイズが結構出来たりと、無料とは思えないくらい素晴らしかった。

しかしどうも無個性というか…シンプルすぎて変えたくなって変えちゃいました。「シンプル」が売りのテーマなのでシンプルなのが当たり前なんですがね(笑)

なので個性が光るカスタマイズが出来る、なにかインパクトのあるテーマを探すことにしました。

そして出会ったのがストーク!

ストークとは?

ストークとは、ブログマーケッターJUNICHIさん監修のもとOPENCAGEが開発した究極のモバイルファースト オールインワンWPテーマです。

ストークの他に「アルバトロス」「ハミングバード」といったテーマもあるのですが、このテーマ制作のノウハウとJUNICHIさんのブログマーケティングのノウハウが融合して完成したテーマがストークというわけですね。

アニメーションなど見た目のインパクトもありながら、スマホでの使いやすさ・読みやすさをとことん追求したまさにモバイルファーストなテーマなのです。

 

僕のとある月のアクセス解析を見てみると、スマホなどのモバイル端末からのアクセスは全体の約75%の割合を占めていることになります。
つまりこれからはモバイルファーストの時代というわけです。

ちょっと調べ物をしようと思った時に、わざわざパソコンのある場所へ移動して電源入れて……なんてスマホが普及しているこのご時世やらないですもんね…。

こんな感じでまさに僕が追い求めていたピッタリのテーマだ!と一目惚れをしてすぐにポチッとしちゃいました。

因みにお値段の方は10,800円(税込)です!

[voice icon="https://bibolog-ryo.com/wp-content/uploads/2017/03/kangaeruhito.png" name="画面の前のあなた" type="l"]高い…[/voice]

[voice icon="https://bibolog-ryo.com/wp-content/uploads/2016/09/ryota-1.png" name="リョウ" type="r"]いやいや、高いということは高いなりの理由があるんです![/voice][btn class="simple"]

公式サイトを見る[/btn]

おしゃれなサイトが簡単に作れるよ!

ストークの特徴といえばお手軽におしゃれで綺麗なサイトが作れる!ではないでしょうか。

様々な機能があり、それらを簡単に設定することが出来ます。

CSSなんていじらなくても綺麗に出来るのがポイントですね。

トップページにスライドショーで記事一覧が出せる!

こんな風にトップページに記事のスライドショーを載せることが出来ます。
スライドショーに載せたい記事は個別で設定できるので、見て欲しい記事やおすすめ記事を目立たせることが出来ます。

豪華なアニメーションがトップページにドカンと表示されるのでインパクトもありますし、ユーザーからしてもおすすめ記事だと一目でわかり、ほぼワンアクションでアクセス出来るので良いですよね~。

もちろんパソコンとスマホともレスポンシブ対応なのでどちらも表示可能です!

このアニメーションを自分のサイトでも使いたい!となったのが購入のきっかけです。

ランディングページも簡単に作れちゃう!

商品やイベントなどを告知したいとき、インパクトのある告知が出来たらいいなって時はランディングページ(LP)がお手軽に作れておすすめです!

ちなみに僕はまだ作ったこと無いんですが…こういうページがあると他のブログサイトと差別化が出来て良いですよね~

…いつかやりますっ![btn class="simple"]

公式デモページを見てみる[/btn]

スマホ専用グローバルナビが設定できる!

パソコンの画面ではヘッダー部分にグローバルナビを設定出来るのですが、スマホではハンバーガーメニューに隠れちゃうっていうテーマもありますよね。

[aside type="normal"]因みに…

ストークのPC画面ではこのように日本語表記と同時に英語表記が設定出来ておしゃれに![/aside]

ユーザー目線で考えると、意外とハンバーガーメニューは見ないっていう人が多いと思います。
わざわざ何があるのかわからないボタンを開いてから探して…っていうのもしませんし、そもそもこのアイコンがボタンだとわからないっていう人もいるかもしれませんね。

そこでこのストークのように、スライド出来るグローバルナビがあればコンテンツがあるとひと目でわかり、ワンアクションでクリック出来るのでユーザーにサイト回遊してもらいやすいというメリットがあります。

また、ハンバーガーメニューも「menu」と表記されているのでわかりやすいですね。

ここでもモバイルファーストが意識されていますね!

選べるレイアウト!

ストークには選べる記事レイアウトが4種類あり、同じストークでも個性を出すことが出来ます。[aside type="boader"]

  • 雑誌のようなレイアウトに出来るマガジン型
  • まとまりのある印象で一覧性を出せるカード型
  • アイキャッチ、タイトルをコンパクトに見せるシンプル型
  • ページ全体に大きな画像をドンッと見せるビッグ型[/aside]

とあり、これらをスマホとPCそれぞれ別々に設定することも出来ます。ここは完全に好みですね。

そして見出しの見た目も変えられたりサイト全体のカラーも一発で変更可能なので、同じストークを使っているサイトでもガラリと雰囲気が変わります。

[btn class="simple"]公式サイトでレイアウト一覧を見てみる[/btn]

細かく設定出来るウィジェットカスタマイズ!

このようにウィジェットがパソコン(PC)とスマホ(SP)とに別れており、かなり細かく設定出来るので便利です。

普通ならCSSをいじって設定しなきゃいけないものが、WordPress内のウィジェットカスタマイズで設定できるので、初心者でも簡単に扱えるのが良いですね。

ここではどんなことが出来るかというと例えば、

アドセンスを全記事に貼り付けるのってかなりの労力ですよね。
そこでウィジェットにある「記事タイトル下」にアドセンスコードをポンっと設定してあげれば、これだけで全部の記事に貼り付け出来ます

また、スマホとパソコンに別れているので、同じ記事の下でもスマホ画面では1つでパソコン画面では2つ貼り付ける、という事も出来ます。

スマホ画面でアドセンスを2つ並べて表示すると規約違反となりますがこれで回避出来ますね。

あとスマホとパソコンのウィジェットが別れているおかげで、完全にレスポンシブにならないのが良いところですね。
つまり、よくあるのがレスポンシブにするとパソコンのサイドバーの内容がスマホだと記事下に入ってくるっていう事があります。

しかし、スマホだと長過ぎてスクロールするのが疲れるんですよね…。
そこでパソコンのサイドバーはビッシリサイドバーにウィジェットを置いて、スマホはスッキリ最低限のウィジェットだけっていうことも出来ます。

こういうところもモバイルファースト!

便利なショートコードがたくさん!

記事を書く上で便利なのがショートコードです。
わざわざ難しいCSSをいじらなくてもショートコードを使うだけでおしゃれな装飾やカスタマイズが可能です!

[aside type="normal"]補足したい時はちょっと目立たせたり[/aside]

[aside type="warning"]大事な事はかなり目立たせたり[/aside]

[aside type="boader"]他のものよりちょっとだけ目立たせたり[/aside]

と、このように装飾をつけることも出来ます。

また、こんな風におしゃれなリンクボタンや目立つボタンも簡単に出せます!下のボタンは一部ですが

[btn class="simple"]シンプルに[/btn]

[btn class="big lightning"]目立たせる[/btn]

[btn class="bg-yellow big lightning"]チョー目立たせる[/btn]

こんな感じでボタンの種類も豊富!

そして、記事の中に吹き出し会話があるとコンテンツが読みやすいと話題のカスタマイズもショートコードで一発!

[voice icon="https://bibolog-ryo.com/wp-content/uploads/2016/09/ryota-1.png" name="リョウ" type="l"]シンプルなのもあれば[/voice]

[voice icon="https://bibolog-ryo.com/wp-content/uploads/2016/09/ryota-1.png" name="リョウ" type="r line"]LINE風だったりFacebook風な吹き出しもあるよ![/voice]

あとはこんな感じで関連記事リンクをおしゃれにブログカードで表示させることも可能!

[kanren postid="994"]

そして記事の途中でも2カラム、3カラム表示をしてメリハリをつけることも出来ます(モバイルでは1カラム表示になります)

[aside type="boader"]

[colwrap] [col2]

こんな風に[/col2] [col2]

2カラムになるよ[/col2] [/colwrap]

[/aside]

あとはこのショートコードを使ってアドセンスを2カラムで貼りたい時なんかにも応用できます!

さて…バーっと書いてきてしまいましたが、こんな感じで便利なショートコードが標準で使えちゃいます。
しかもウィジェットの中に書いても機能するので便利ですよね~!

[aside type="normal"]

これらのショートコードはAddQuicktagというプラグインを使えば、上記のショートコードがデフォで入っているのでいちいちコピペしなくてもボタン1つで呼び出せますし、追加でコードの保存も出来るので便利です!

[/aside][btn class="simple"]

ストークの使い方を詳しく見る[/btn]

結論:どんなとこがブロガーにおすすめなのか

ストークの良いところを長々と書いてきましたが、結局どんなところがおすすめなのか。

やはり一番はお手軽簡単に綺麗なサイト作りが出来ることでしょうか。

CSSとかHTMLでサイトのカスタマイズをしていると記事を書く時間が減ってしまいがちですが、ストークを使えばすぐに形になってくれるので記事執筆に集中することが出来ます。

また、記事執筆をするにもHTMLをいじってたら1記事作成するのにも時間がかかりますが、ショートコードを使えば簡単に装飾等出来るので時間の短縮にもなりますね。

というわけで記事執筆に集中できるところがストークのメリットだと思います![btn class="simple"]

公式販売サイトへ行く[/btn]

まとめ

いかがだったでしょうか?

ストークは1回の購入で1サイトしか使えなかったり結構値段が高かったりするのですが、個人的には見た目もおしゃれになって大満足です!

テーマ選びで悩んでいる方に少しでも参考になれば幸いです!

それではこの辺で!


-ブログのこと
-, , ,

Copyright© RnB , 2019 All Rights Reserved.