MAN WITH A MISSION 音楽

謎多き覆面バンドMAN WITH A MISSIONの正体とは?その素顔を徹底解明!

更新日:

今や国内外で絶大な人気を誇るモンスターロックバンド、MAN WITH A MISSION(以下マンウィズ)。

突如としてロックシーンに現れた彼らですが、狼の覆面をしていて一体何者なのか気になりますよね??

今回はその覆面の中身を暴いていきたいと思います!

※閲覧注意※
中身が知りたくないという方はブラウザバック推奨です。

 

マンウィズとは

まずMAN WITH A MISSION(マンウィズアミッション)とはどんなバンドなのかご紹介しておきましょう。

簡単にメンバーを一人ずつ見ていきます。

 

Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ)

出典:MAN WITH A MISSION公式サイト

担当:ボーカル

MAN WITH A MISSIONのリーダー。ボーカルなのに喋られないという設定。

ガタイの良い体、七分袖のパンツ、右側にペロッと出た舌が特徴。

スノボーやスケボーなどのエクストリームスポーツを得意としています。

また、顔に似合わず料理も得意。

 

Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)

出典:MAN WITH A MISSION公式サイト

担当:ボーカル・ラップ/ギター

メンバーの中で唯一喋れる狼なので、ライブではMCをしたりメディアの出演が多く、他のメンバーの通訳もジャンケン担当。

しゃくれたアゴが特徴。

 

Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ)

出典:MAN WITH A MISSION公式サイト

担当:コーラス/ベース

カミカゼもコーラスなのに喋られない設定。メンバーやファンからはポンコツと言われる芸人枠のような狼。

ライブ・フェスやイベントなどで雨を降らせる雨狼である。

スラッとした長身が特徴でよく両手を振り上げる”ガウガウポーズ”をしている。

 

DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ)

出典:MAN WITH A MISSION公式サイト

担当:DJ

ジャンケンジョニーからは「皿回しパーティ野郎」と言われるほどクレイジーな狼。ライブではテンションが上がると客席にダイブする。

特徴は左側にペロッと出した舌が特徴。

 

Spear Rib(スペア・リブ)

出典:MAN WITH A MISSION公式サイト

担当:ドラムス

小柄なルックスで笑った表情をしているのでアイドル的な存在の狼です。

パカっと開いた口が特徴。パット見笑っているようにも見えるが、よく見ると怖い顔をしている。

以上の5人組からなるロックバンドです。

 

E.D.ヴェダー

↑画像真ん中当たりの白いマスクをした人物
出典:公式Twitter

マンウィズの正規メンバーではなく、サポートギターとしてライブやフェスに参加しています。

マンウィズが狼の覆面をしているのでヴェダー氏もしっかりマスクを着用して演奏する徹底っぷり。

マンウィズ発足時からサポートとして参加しているのでほぼメンバーと言ってもいいですね。

 

究極の生命体、マンウィズ

マンウィズにはWikipediaにも載っている通りこのような設定があります。

19XX年、地球が度重なる戦禍に見舞われていた時代、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスによるマッドサイエンスの結果生まれた生命体とされる。ジミー自身はギターを趣味としていたことで、音楽の能力がプログラミングされた。超人的な肉体と頭脳を持つため、アドルフ・ヒトラー、ヨシフ・スターリンと言った権力者から、ギレン・ザビに至るまで利用されることとなり、罪の意識に苛まれたジミーは誰の手にも渡らせぬよう、命と引き換えに南極の氷河の中に氷漬けにした。

凍結中は、オオカミならではの発達した聴覚で世界中の様々な音楽を聴いていたが、1997年に開催されたAIR JAMで演奏された音を聴いたことをきっかけに、音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すようになる。以後凍結状態が続いていたが、2010年になり、地球温暖化の影響で氷が融けてしまったために復活し、バンド活動を開始した。

引用:Wikipedia|MAN WITH A MISSION

これらを踏まえると、年齢不詳で半人半狼の作られた生命体であるという設定です。

長々とマンウィズについて書きましたが、その中身が誰だか気になりますよね?

それでは早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

マンウィズの前身バンドGrantzとは

いきなり核心についてしまいますが、マンウィズになる前に彼らが活動していたバンドがあります。

それが「Grantz」というバンド。

2001年11月に結成され、地元である茨城県筑波や都内を中心にライブ活動を展開していました。

出典:mixi

▲メンバーは写真の左から

Nishida(西田旭人):コーラス/ベース
Nakajima(中嶋宏明):DJ
Tsuyoshi(片岡剛):ボーカル
Hiroshi(吉末拓史):ボーカル・ラップ/ギター
Yumiza(弓座志簡):ドラムス

以上の5人です。

あれ…?とお気づきの方もいると思いますが…

そうなんです、マンウィズとメンバー構成が全く同じなんですよ。

DJラップのいるバンドなんてそうそうありませんからね…。

そして各担当パートに当てはめてみると

Nishida→カミカゼ・ボーイ
Nakajima→DJサンタモニカ
Tsuyoshi→トーキョータナカ
Hiroshi→ジャンケンジョニー
Yumiza→スペアリブ

とこうなりますね。

出典:j-popworld.com

マンウィズのライブへ行くとわかるのですが、声を出すタナカとジャンケンとカミカゼは歌を歌うため狼の下顎部分がなく、ドーランで黒く塗った素顔を出しています。

その顔と上記の写真を見比べるとそっくりなんですよね。もしライブへ行く機会がある人は注目してみてください!

そしてGrantzが活動していた期間は2001年~2010年であり、MAN WITH A MISSIONが始動したのが2010年ということで辻褄も合っています。

Grantzの楽曲にはタイアップもあったり、ライブ活動では10-FEET等と対バンも果たしフェスにも参戦するなどジワジワと人気が出てきていたのも確かです。

しかし「音楽シーンに風穴を空ける」ためにはこのままではダメだとMAN WITH A MISSIONになることを決意したのでしょうね…。

どのような形であれ結果として音楽シーンに風穴を空けたのは間違いないでしょう!

 

現在のスペアリブは2代目

実は今現在のドラムス、スペアリブの中身は2代目だということを知っていましたか?

入れ替わった時期はメジャーデビューアルバムである1stアルバム「MAN WITH A MISSION」が発売する前あたりではないかと思われます。

初代スペアリブがジャケット写真に写っているのはこちらのインディーズファーストミニアルバム

現在のスペアリブと体型を比べると背も高くてガタイがいいですよね。

そしてYouTubeでは初代スペアリブがドラムを叩く姿を見ることが出来ます▼

出典:YouTube

こちら「DON'T LOSE YOURSELF」のPVではまだ初代スペアリブが出演しています▼

出典:YouTube|MAN WITH A MISSION|DON'T LOSE YOURSELF

 

2代目スペアリブの中身は誰?

今現在のスペアリブは小柄な体型なので初期メンバーであるYumiza氏とは確実に入れ替わっていると思われますが、一体誰なのか…。

調べていくと「前原篤史」という人物にたどり着きました。

検索してみるとTwitterやブログも見つかります。

前原氏のTwitterを遡ってみると面白いモノがいくつかありました。

こちらは2011年8月14日のツイート▼

なんの変哲もないツイートですが、この日何があったかというとサマソニ東京にマンウィズが出演した日です。

真夏の野外で被り物をしてのライブなので思わずツイートしたのでしょうかw

そしてお次はこちらのツイート▼

島根県松江市に向かっているというツイートですが、この翌日20日にMAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR で松江AZTiC canova公演がありました。

また、マンウィズが出雲大社にも参拝した画像もありました。

お次はこちら▼

こちらもMAN WITH A MISSION JAPAN MARKING TOUR 2011関連のツイートです。

8日には大阪でライブ10日には千葉でライブがあったのでこのツイートも辻褄が合いますね…。

しかしこれらはあくまでも推測なのでなんとも言えませんが、偶然とも思えません。

ちなみに前原氏のブログ、Twitterはマンウィズが人気になり始めた2012年頃から更新がありません。

マンウィズとしての活動が忙しくなったためでしょうか?

スポンサーリンク

 

楽曲の共通点

今では超プレミア価格で取引されているGrantzのCDですが、楽曲を聞いてみると”マンウィズっぽさ”が出ているのがよくわかります。

プレミアのついたGrantzのCDなどを見てみると、ものすごい値段をしているものばかり…オークションでも同様に高額で取引されていますね。

実際にGrantzの楽曲を聞いてみると、GrantzのボーカルTsuyoshiの声は特徴的な声の持ち主であるトーキョータナカとそっくりですし、ギターボーカルのHiroshiのラップをジャンケンジョニーと聴き比べてみてもそっくりです。

そして極めつけはMAN WITH A MISSION名義で出された楽曲の中にGrantz時代の楽曲があるということ…!

確認出来たのは以下の楽曲です▼

(Grantz名義→MAN WITH A MISSION名義)
7月の雨→RAIN OF JURY
Nothing's gonna change my way→NOTHING'S GONNA CHANGE MY WAY
Rock In The House→ROCK IN THE HOUSE
Never FN' mind the rules→NEVER FXXKIN’ MIND THE RULES
DON'T LEAVE BEHIND→Memories

名前が変わっていたり曲の構成が若干変わっているものもありますが、同じだろうと確認出来るものだけでもコレだけありました。

ROCK IN THE HOUSEに関してはゲームのタイアップとしてテーマ曲に抜擢されており、CMも流れていたので知っている人もいるかもしれませんね。

Grantz時代の曲をマンウィズとして出すということは「自分たちは元Grantzです」と言っているようなものですよね。

しかし個人的にはGrantz時代の曲も好きなので、「マンウィズの楽曲」として生まれ変わった曲を聞いてみたいと思います。

 

North Pole Frequency

ジャンケンジョニーもとい吉末拓史氏はGrantzの前に所属していたバンドがあります。

それが「North Pole Frequency」というバンド。

そしてそのNorth Pole Frequencyの楽曲の中に「Vitamin64」があるのです。

マンウィズではタナカが歌っているパートもジャンケン1人で歌っているため新鮮ですし、これはこれでいい曲なんですよね。

 

渋谷eggmanとの関係

出典:eggman

渋谷にあるeggmanというライブハウスを知っていますか?

先日渋谷eggmanの35周年を記念してのライブイベントが武道館で行われましたが、MAN WITH A MISSIONも出演しましたよね。

そしてMAN WITH A MISSION初ライブもここeggmanで行われました。

このようにeggman関連のイベントでは事ある毎にMAN WITH A MISSIONが出演したりと、なにかしら関係しているんです。

そこで調べていくとあることがわかってきます。

それはeggmanの代表を務める人物が西田旭人氏だということ。

つまりカミカゼボーイが社長というわけですね。

マンウィズとeggmanの関係が密接なのもこれなら頷けますね。

余談ですが、西田氏がジャンケンジョニーにインタビューしている記事があってちょっとおもしろいことになってます(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上のことからMAN WITH A MISSION=Grantzなのは確定でしょう。

しかし、中身が誰であれ音楽が良ければそれで良しだと僕は思います。

当時Grantzのメンバー達が被り物をして音楽をやるという苦渋の決断をした結果、今現在のような人気を得て「音楽シーンに風穴を空けられた」というのは彼らにとっても良かったことだと思います。

これからもマンウィズにはカッコイイ音楽を僕らに届けてくれたらと思います!

それではこの辺で!

(参考記事:http://hamn.xsrv.jp/man-with-a-mission-shoutai/





-MAN WITH A MISSION, 音楽
-, , ,

Copyright© RnB , 2017 All Rights Reserved.