ゲーム

【内蔵・外付け用途別】PS4の高速化にぴったりのSSDをまとめて紹介!迷ったらコレだ!

投稿日:

PS4を高速化するために必要なSSD、最近では安くて高性能なSSDがたくさん発売されているのでどれを買おうか迷いますよね…。

せっかく高速化するなら、なるべく性能の良いSSDを使いたいと思っている人は多いはず。

そこで当記事では、外付け・内臓それぞれの用途別におすすめのSSDをまとめてみましたので参考にしてみてください!

 

外付け化におすすめのポータブルSSD

PS4にUSBで繋ぐだけの外付け化、メリットはなんといってもそのお手軽さ。

コンパクトな機種が多く、PS4周りがごちゃごちゃしないので外付け用途で使うならば最適なタイプと言えるでしょう。

ただし、PS4で外付けに使えるポータブルSSDには以下の条件があります▼

  • 容量250GB以上
  • 接続するUSBケーブルは3.0

それでは早速ご紹介します。

Samsung ポータブルSSD T5 500GB

主なスペック

  • シーケンシャル読み込み速度:540MB/s
  • シーケンシャル書き込み速度:540MB/s
  • 外形寸法(縦×横×厚): 7.4 x 5.7 x 1.05 cm

最大読み込み・読み込み速度が540MB/sと、ポータブルSSDの中でも最速クラス。PS4で使っても高速化が期待できます。

また、最大の魅力が手のひらに収まるほどのコンパクトさですね。

外付けで使うSSDなので、場所を取らないというのは嬉しいポイントです。

Samsung 外付けSSD T5 500GB USB3.1 Gen2対応 正規代理店保証品 MU-PA500B/IT

Samsung 外付けSSD T5 500GB USB3.1 Gen2対応 正規代理店保証品 MU-PA500B/IT

24,800円(05/22 17:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

SanDisk エクストリーム500 500GB

主なスペック

  • シーケンシャル読み込み速度:430MB/s
  • シーケンシャル書き込み速度:415MB/s
  •  外形寸法:7.6 x 7.6 x 1.1 cm

変わった見た目のSanDisk製ポータブルSSD。一見すると大きく見えますが、こちらも手のひらサイズでコンパクトです。

読み書き速度も及第点といえる速度なので、PS4で使用しても高速化は期待出来るでしょう。

 

BUFFALO PL480U3 480GB

主なスペック

  • シーケンシャル読み込み速度:340MB/s
  • シーケンシャル書き込み速度:320MB/s
  • 外形寸法:7.6×11.5×1.15cm

こちらのBUFFALOのポータブルSSD、最大の特徴は「耐振動」「耐衝撃」設計という点。見た目もイカツイですよね。

読み書き速度は他モデルに比べて少し劣りますが、故障に強いというメリットがあります。

 

BUFFALO PM480U3 480GB

主なスペック

  • シーケンシャル読み込み速度:420MB/s
  • シーケンシャル書き込み速度:370MB/s
  • 外形寸法:4.95×8.0×0.95cm

こちらのSSDは上記のモデルよりもコンパクトになり、読み書き速度も向上しているモデルです。

1cmを切る薄さになっても堅牢な作りなので、耐衝撃面でも劣っていません。

 

内蔵化におすすめのSSD

SSDを内蔵化させてPS4周りをスッキリさせたいならSSD換装がおすすめ

PS4に内蔵して使えるSSDの条件は以下の通り▼

  • サイズは2.5インチ
  • 厚さは9.5mm以下
  • 容量250GB以上

上の条件に合ったSSDであれば、PS4に付属されているHDDと交換して高速化を図る事が出来ます。

それでは早速紹介します。

Crucial MX500 525GB

主なスペック

  • シーケンシャル読み取り:560MB/s
  • シーケンシャル書き込み:510MB/s
  • 厚さ7mm(9.5mm変換アダプター付き)
  • 2.5インチ規格

長い間Amazonベストセラー1位のCrucial製SSD、PCユーザーやPS4ユーザーからの支持も高く人気のSSDです。

僕も購入して使っていますが文句なしの性能で満足しています。

コスパもよく、迷ったらコレ!と言えるSSDです。

 

Samsung 850 EVO 500GB

主なスペック

  • シーケンシャル:読み取り:540MB/s
  • シーケンシャル書き込み:520MB/s
  • 厚さ7mm
  • 2.5インチ規格

こちらも人気のSamsung製SSD。速度、値段のバランスが良く高耐久の機種です。

そのため5年という長い保証期間があるのも特徴(2018年4月現在)

Samsung SSD 500GB 850EVO 2.5インチ内蔵型 正規代理店保証品 MZ-75E500B/IT

Samsung SSD 500GB 850EVO 2.5インチ内蔵型 正規代理店保証品 MZ-75E500B/IT

13,980円(05/22 17:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

SanDisk Ultra 3D 500GB

主なスペック

  • シーケンシャル読み込み速度 :560MB/s
  • シーケンシャル書き込み速度 :530MB/s
  • 厚さ:7mm
  • 2.5インチ規格

SDカードやUSBメモリ等でも有名なSanDisk。SSDも高性能なモデルを発売しています。

読み書き速度は最高クラスなのでPS4でも高速化に期待できます。

WD 500GB WD Blue 3D

主なスペック

  • シーケンシャル読み込み速度:560MB/s
  • シーケンシャル書き込み速度:530MB/s
  • 厚さ:7mm
  • 2.5インチ規格

こちらも有名なのWD製のSSD。

今回紹介した中で読み書き速度は最速クラス、そして最もコスパが良いSSDです。

最も安上がりで高速化が出来るのでオススメ。

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 500GB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0A

WD 内蔵SSD 2.5インチ / 500GB / WD Blue 3D / SATA3.0 / 5年保証 / WDS500G2B0A

14,116円(05/22 17:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

おすすめの外付けケース

上で紹介した内蔵SSDと外付けケースを使う事で、ポータブルSSDのようにして使うことも出来ます。上記のポータブルSSDの中に使いたい機種がなければこの方法で代用出来るのでオススメです。

また、内蔵SSDとケースを合わせてもポータブルSSDより読書速度が高速で安くなる場合も。なので安上がりさせたい場合にもオススメ。

内蔵SSD+ケースにした場合のデメリットは、ポータブルSSDよりも大きいので多少場所を取ってしまう事くらいです。

また、SSDをケースに入れる作業がありますが、難しいことはないので安心してください。

 

メモ

内蔵SSDの厚さやインチサイズによって、対応するケースが異なるので良く確認して購入してください。

※上記の内蔵SSDと下記ケースの組み合わせであればどれでも合います。

 

ORICO 2.5インチ HDD / SSD ケース

主なスペック

  • SSD厚み7mm/9.5mm対応
  • 工具不要
  • 外形寸法:12.5 x 8 x 1.4 cm
  • 2.5インチ

プラスチック感があるので少しチープな見た目ですが、使用には全く問題ありません。

工具不要なので簡単に装着も出来ます。

 

Salcar 2.5インチ SSD/HDDケース

主なスペック

  • SSD厚み7mm/9.5mm対応
  • 工具不要
  • 外形寸法:8 x 12.5 x 1.5 cm
  • 2.5インチ

こちらもプラスチック製のケース。パカっと開けてスライドして装着出来るので簡単に使えます。

接続されているか確認できるインジケーターやスリープモード搭載と便利な機能もあります。

 

UGREEN 2.5インチ SSD/HDDケース

主なスペック

  • SSD厚み7mm/9.5mm対応
  • 工具不要
  • 外形寸法:8.2 x 12.85 x 1.4 cm
  • 2.5インチ

スタイリッシュな見た目のSSDケース。

こちらもインジケーター搭載で接続確認、スリープモード機能もあります。

最後に

いかがでしたか?

PS4を手っ取り早く高速化するならSSDを使うのが一番ですね。

最近のSSDは昔と比べてかなり安くなったので手を出しやすくなりました。

なのでこの機会にぜひ高速化に挑戦してみてください!

外付けSSD化の方法SSD換装のやり方を書いた記事もありますので参考にしてください。

 

関連記事

-ゲーム
-, , ,

Copyright© RnB , 2018 All Rights Reserved.