日産新型リーフが楽しすぎた…2週間乗ってみたレビュー

投稿日:

セレナが納車されるまでの代車として、太っ腹なことに新型リーフを貸してくれました。

正直電気自動車って充電の手間があるし、遠出した時なんか困るんじゃない?と思って敬遠してました。

しかし、2週間くらい乗ってみた感想として「電気自動車最高やん・・・買いたくなるわ・・・」という感じでまんまと営業さんの策略にはまってしまいましたw

というわけで今回の記事ではリーフの良かったところ・悪かったところをシェアしていきたいと思います。

 

リーフの良かったところ

早速ですが乗ってみて感じたリーフ良かったところを紹介します。

エクステリアがかっこよくなった

まずは見た目の部分。車に乗る上で重要な要素ですよね。

先代のエクステリアは未来的な外見で、他にはないオンリーワンの見た目でしたが、どうもカエルっぽい見た目で好きになれなかったんですよね^^;

ところがフルモデルチェンジで見た目もガラリと変わり、シンプルでスタイリッシュな雰囲気になりました。

普通の見た目になった・・・という声もありますが、個人的にはこのスタイリッシュなフロントマスクはドストライク。

リアは少しぼってりとしてますが、先代と比べるとかなりカッコよくなっていると思います。

異次元の加速と静粛性

電気自動車といえばやっぱり加速と静粛性ですよね。

リーフも例に漏れず加速が凄かった・・・。

エコモードを解除した状態で0km/hからフルスロットルすると、「キュイーン」という音を立てて加速していきますが、その時重力でシートにはりつけられます。

もはや怖いくらいの加速で、同乗者からは「怖いからやめてくれ」と言われるくらい。

この加速力があれば高速道路での合流もかなり余裕を持って出来ますが。

一般道での普段使いならエコモードでも十分な加速力で、全くストレスも無く加速できます。

また、e-pedalという機能をONにするとアクセル操作だけで加減速が出来るようになります。もちろん減速時にはブレーキランプが点灯します。

ブレーキペダルとアクセルペダルの移動がなくなるので、慣れると楽になりますがそれまではかなり加減が難しいですね。

代車ということもあり、この機能は少し試しただけで使うのをやめました。

次に静粛性について。

エンジンがついてないので車内はかなり静かですね。周りの音が目立って聞こえます。

止まっている時はもちろん無音なんですが、走っている時のロードノイズが気になりました^^;

多分、エンジン音がなくて静かなので、余計に気になるんでしょうね・・・

ただし一般的なガソリン車よりは静かだと思うのでここは良い点だと思います。

航続距離は及第点か

次に航続距離について。

今回借りたリーフは、100%充電で約300kmほどの航続可能距離が表示されていました。

300kmほどあれば通勤はもちろん、ちょっとした遠出ならば往復出来る距離なので容量は及第点だと思いました。

また、充電スポットはよほどのことがない限り困ることはないので、出先でも安心だと思います。

しかしエアコンの使用はもちろん、高速走行を続けているとガンガン航続距離が短くなっていきます。

なのでガソリン車と違って高速道路だとみるみる減っていきますね^^;

快適機能が盛りだくさん

これはオプションにもよりますが、代車についていた機能でのレビューです。

代車には

  • 全席シートヒーター
  • ハンドルヒーター
  • アラウンドビューモニター
  • インテリジェントルームミラー
  • ミラー自動格納

一部を挙げましたがこれらの機能がついていました。

後述しますが、エアコン機能がネックの車なので、ハンドルヒーターやシートヒーターは重宝します。しかも後席にもついているのはありがたいですね。

エアコンが効いてくるよりも早く温まりますし、ちょっとした寒さならエアコン要らずだと思います。

あと、アラウンドビューモニターや全方位ソナーセンサー、エマージェンシーブレーキなど安全装備も盛りだくさんで、事故する可能性は低くなっていると思います。

いろんなアラームが過剰なくらい鳴りますが、これくらいがちょうど良いと思います。

以上、良かった点でした。

 

リーフの悪かったところ

次に気になった点について。

インテリアが微妙か

エクステリアは好みでしたがインテリアは微妙でした。プラスチックパーツを多用しており、黒でまとめられています。

よく言えばシンプル、悪く言えば安っぽい^^;

リクライニングやスライドシートは今だに手動ですし・・・。

400〜500万くらいする車にしてはもうちょっと頑張って…と思いました。

そしてエアコンの操作性の悪さ。

オプションによるのかもしれませんが、今回乗ったリーフでは設定した温度やモードなどがナビに表示されるタイプでした。

常に表示されているわけではないので、今何度設定か、モードはなにかというものが押してみないとわかりません。

ぱっと見てわからないのは本当に不便でしたね・・・。

やはり独立した画面が欲しいと思いました。

後席の居住性は悪い

リーフは5人乗りとなっていますが、後席のフロア部分がかなり盛り上がっています。

なのでほぼ4人乗りでの運用がメインでしょうね^^;

また思ったより狭く、身長170cmくらいの僕が運転席後ろに座ってみるとこんな感じでした。

座れなくもないですがちょっと手狭だと感じました。

車の性格上超長距離運用はあまりしないと思うので我慢できるレベルだと思います。

プロパイロットについて

日産の目玉機能とも言えるプロパイロットについて。

高速道路限定ですが、使用すると設定速度範囲以内で前車に追従し、ハンドルが自動で動いて車線をキープするという機能です。

実際に使ってみて、最初は「凄いなぁ」と思いながら使っていました。

しかし途中で車線が認識できずにハンドルアシストがオフになったり、ハンドルの挙動も少しおかしいんですよね。

機械が操作するので仕方ないんですが、カーブでは小刻みにハンドルが動くので乗り心地が悪いです。

なので逆に気を張り詰めなきゃいけないので、個人的には疲れました^^;

日産のクルーズコントロールは、このプロパイロットと一定速度をキープするものしかないので、前車追従タイプのクルーズコントロールがあれば良いのに、と思います。

というわけでプロパイロットはまだまだ発展途上な感じで微妙でした・・・。

充電はやはり手間

電気自動車なので当然充電が必要になります。これがネックという人も多いんじゃないでしょうか。

代車のため「日産の充電スポットでやってね」と言われたので自宅での充電はしていません。なので正確なレビューが出来ないかもしれませんが・・・。

日産の充電スポットだと急速充電で1回30分出来るんですが、満タンにはなりません。だいたい120km分くらいでしょうか?

ガソリン車に慣れているとやはり手間ですし、時間も掛かるので厳しいですね。

通勤程度なら毎日の充電で十分ですが、遠出して出先での充電が我慢できるかがポイントですね。

まぁ高速道路SAで30分休憩しながら充電、という風にやり方は色々あるので個人的にはアリかなとも思います。

 

まとめると:人を選ぶ車

以上、リーフのレビューでした。

もっと長時間乗ると見えてくることもあるかと思いますが、僕が思った事として

どこに価値を見出すか

だと思いました。

電気自動車の加速力を楽しみたい、静粛性に惹かれた、維持費を安くしたい

といった理由があるならリーフも選択肢に入るかと思います。

がしかし、僕の個人的な意見としてはまだ早いんじゃないかという判断です。

今後充電スポットの拡張、充電時間の短縮、航続可能距離の増加がされて、出来れば価格が抑えられたら・・・と期待してます。

それを抜きにしても近未来感の感じられる楽しい車だと思いました!

それではこの辺で!

-
-, ,

Copyright© あーるがれーじ , 2019 All Rights Reserved.