セレナ『ハイウェイスター VセレクションⅡ』契約!追加したオプションは?

皆さんこんにちは。

先日エクストレイルを不運な形で手放すこととなり、家族のことや今後の事も考えて日産のミニバン『セレナ』を購入しました!

正確にはまだ契約をした段階なので、納車までわくわくしながらこの記事を書いています。

今回の記事では、購入したセレナのグレードやオプションを紹介しながら、なんでこれにしたのか?ということも書いていこうと思います。

セレナの購入を迷っている方や絶賛商談中の方はぜひ参考にしてください!

セレナ購入6か月経ったので良かった所のレビューをしました!良かったらこちらもどうぞ↓

Check!
セレナの良かった所をレビューしました

セレナを購入してから早6ヶ月が経ち、先日ディーラーの半年点検を受けてきました。 そこで今回は半年乗ってわかったセレナの良かった所についてレビューしていきます! リョウマイナーチェンジでメッキオラオラ系 ...

続きを見る

購入したセレナの詳細は?

今回購入したセレナは『S-HYBRIDモデル ハイウェイスター VセレクションⅡ』を購入、いわゆるガソリンモデルになります。

セレナといえば最近だと、電気自動車のような走りで人気の『e-POWER』モデルが売れ筋ではないでしょうか。

しかし今回僕が選んだのは『S-HYBRID搭載』のガソリンモデル。

これを選んだ主な理由として

  • 価格
  • ガソリンモデルはシートアレンジが豊富

この2点からガソリンモデルにしました。

まず価格の面ですが、e-POWERモデルとガソリンモデルを同程度のオプションで比べてみると、40~50万くらいの差になるかと思います。

確かにe-POWERの加速性能だったり静粛性は魅力ですが、40〜50万円の差はやはりでかい・・・。

オプションを普通に付けたり、良いグレードにするとなると400〜500万円くらいに・・・その人の価値観にもよりますが、僕はセレナに500万円は出せないという結論になりました。

そして電気自動車なので燃費も良いのか?というとそれほど良くない印象を受けました。実燃費を調べてみると平均15km/Lほどと思ったより伸びてないようですね。

 

それともう1つの理由である『シートアレンジの豊富さ』

e-POWERモデルでは、1列目のセンターコンソールは固定され、2列目の座席がキャプテンシートとなっていて、搭乗人数も7人乗りになっています。

しかしガソリンモデルなら7人乗りと8人乗りを切り替えることが出来ます。

これは、座席を1列目に動かすとセンターコンソールにもなり、2列目に動かすと8人目の座席としても使うことが出来ます。

普段の通勤や少人数で乗る場合はセンターコンソールとして利用し、大人数乗る場合は8人目の座席としてというふうに、臨機応変に使える点に惹かれました。

また、1列目から2列目まで車を降りなくても移動ができるのは、子育て家族にとってはかなり便利ではないでしょうか?

僕自身も0歳児を絶賛子育て中で、子供に何かあった時や荷物を取りたい時など、後ろの席に行きたいシーンが多々あるのですが、車を降りなくても良いというのはかなり重宝しそうです。

というわけで、価格の面や利便性からガソリンモデルを選びました。

ハイウェイスター VセレクションⅡモデルを選んだ理由

次にグレードを選んだ理由についてです。

ガソリンモデルのグレードは大きく分けて

  • S
  • X
  • X VセレクションⅡ
  • G
  • ハイウェイスター
  • ハイウェイスター VセレクションⅡ
  • ハイウェイスターG

の7つあり、今回はこの中からハイウェイスター VセレクションⅡを選びました。

ハイウェイスターにすることで

  • 専用エクステリアでデザインが少し変わる
  • エアロパーツが付いて全長全幅が大きくなる
  • 16インチアルミホイール装備
  • 足回りは専用サスペンション

と、見た目の面で大きく変わります。

ハイウェイスターのほうがスポーティなデザインになり、エアロパーツがついたことで車体も大きくなって3ナンバーサイズになります。

ただ車体が大きくなったと言ってもさほど変わらず、乗った時の車幅感覚等も違和感なく運転できると思います。

なので、ここは見た目の好みで選んでもいいですね。

 

次にVセレクションⅡとは、人気のオプションがセットになり、価格もお得になっている特別仕様のことです。

内容は

  • LEDヘッドライト
  • ハンズフリースライドドア
  • スーパーUVカット断熱グリーンガラス
  • パーソナルテーブル〈セカンド・サード左右〉
  • カップホルダー12個
  • USB電源ソケット〈セカンド・サード各2個〉
  • セカンドシート〈左右〉超ロングスライド+横スライド
  • サードシートスライド
  • シートバックフック8個
  • シートバックポケット〈運転席・助手席〉(スマートフォン・タブレット収納付)
  • 日産オリジナルナビ取付パッケージ

こんな感じで、いたれりつくせりの内容になっています。

これだけの快適装備が標準装備なので、かなりコスパが良いグレードだと思います。

迷ったらこのグレードを選んでおけば間違い無いでしょう。

 

オプションの詳細

次にオプション類についてです。

まずメーカーオプションは

  • 寒冷地仕様(セット1)
  • セーフティパッケージA
  • 特別塗装色(白黒ツートン)

これらをつけました。

寒冷地仕様とは、主にエアコンに関するオプションのことで、これを付けないと後席エアコンがつかないんですよね・・・。

ミニバンは室内が広いので、エアコンを効かせようと思ったら前席だけではきついですよね・・・。なのでオートデュアルエアコンは必須レベルのオプションだと思います。

また、寒冷地仕様(セット2)には上記のものに加えて、ステアリングヒーターとシートヒーターがついてきます。

これはあれば便利と言った程度で、絶対に必要ではないと思ったので今回は外しました。エクストレイルに乗っていた時は重宝していましたが・・・。

次に、なぜプロパイロットがついていないセーフティパッケージAにしたのかを説明します。

理由は単純に必要ないと思ったからです。

プロパイロットとは、高速道路走行時に同一車線を前方の車に追従して走行する機能で、CMでも自動運転と謳い話題になっていますよね。

しかし実際に試した感想として「まだ早い」と感じました。

ハンドルが勝手に動いて曲がるのですが、結構カクカク曲がるのでなかなか怖いんですよね・・・。

乗り心地も悪くなるので自分で運転した方が逆に疲れないという結論になりました。

 

次にディーラーオプションは

  • ウィンドウ撥水
  • ドアミラー自動格納
  • フロアカーペット
  • 9インチナビ+ドラレコ+ETC
  • 5イヤーズコート
  • ボディ床下コート

これらを追加しました。

オプションらしいオプションはVセレクションⅡにしたのであまりつけていませんが、特筆するべきはドアミラー自動格納機能と9インチナビでしょうか。

僕の車の使い方として、駐車時には必ずミラーをたたんでいたんですが、毎回毎回ボタンを押すのがかなり面倒に感じていました。

なので今回は思い切ってオプション追加してみました。思ったよりも安かったですしね。

あと、ナビは日産純正の9インチナビにしました。

ミニバンなので家族のためにも大きな画面のナビにしました。アラウンドビューモニターも大きな画面で見れるので便利ですし。

迷ったのが後席用のモニターです。

子供の退屈しのぎとしてマストアイテムになると思いますが、結構値が張るので断念・・・。

最悪後付けも出来るので今回はパスしました。

最後に保証関係として

  • グッドプラス保証
  • メンテプロパック54

これらのオプションをつけました。

グッドプラス保証とは、通常3年保証の期間を5年に伸ばすというもので、値段も安かったのでつけてみました。

最近の日本車は壊れにくいと言いますが、保険はあるに越したことはないですからね。何かあった時はラッキー程度で考えています。

メンテプロパック54とは、年次点検やオイル交換、車検などの費用を車購入時に前払いするというもの。

若干安くなるメリットがありますが、これはあまりつけなくても良いオプションですかね。

年次点検は強制ではないですし、値下げ幅も大きくないので^^;

ただこれは半分ディーラーとの付き合いのためにつけました。

まぁ損することはないのでいいでしょう。

 

さいごに

以上、今回僕が購入したセレナの詳細でした。

我慢したオプションもありますが、概ね満足のいく買い物になったと思います。

セレナ購入を悩んでいる方は上記を参考にしてがっつり悩んでください(笑)

悩んでいる時が一番楽しいですからね!

それでは納車まで楽しみに待ちたいと思います^^

それではこの辺で!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウ

リョウ

しがない会社員ブロガー。 自分が好きなモノ・コトを中心に配信中。 良かったらフォローしてください! また、質問があれば気軽にお問い合わせください!

-
-

Copyright© あーるがれーじ , 2019 All Rights Reserved.