【クラッツィオ ジュニアレビュー】新型セレナにシートカバーを取り付けたら最高だった

皆さんこんにちは、リョウです。

タイトルの通り、今回は『セレナにクラッツィオ製シートカバーを取り付けてみた』という記事になります。

取り付けてみた結論から言うと

リョウ
取り付けはめちゃくちゃ大変だったけど、かなり満足!

となりました。

というわけでシートカバーの取り付けの様子からレビューまで書いていきますので、シートカバーに興味のある方は参考にしてください。

クラッツィオ ジュニア購入してみた

今回購入したのはこちら。

セレナC27型 超ロングスライドシート ガソリン車モデル専用のシートカバーで、クラッツィオ Jr.タイプを購入しました。(シートカバーの品番はEN-5630)

ちなみにBioPVCレザー製。

メモ

クラッツィオのシートカバーは、モデルや装備ごとに専用設計となっています。

購入する際は自分のセレナの型式や装備を確認して、適合するシートカバーを購入するよう注意してください!

なかなかにデカイ箱に入って届きました。重量もなかなかで中身も盛りだくさん。

リョウ
3列席分のシートカバーを目の当たりにすると途方もなく感じますが、頑張って取り付けていきましょう・・・。

内容物はシートのほか、

  • 取り付け説明書
  • ヘラ
  • 金属フック
  • 内容明細書

が入っています。

その他、必要な工具として

  • ソケットレンチ(8mm/14mm)とエクステンション
  • プラスドライバー
  • キリ、針(もしくはハサミ)

が必要になります。

僕が使用したソケットレンチやドライバーはこちら▼

リョウ
様々なネジに対応出来るので重宝してます。

また、説明書にはキリや針が必要とありますが、取り付け工程の中にはハサミしか出てきませんでした。

なので家にハサミがあればキリ・針がなくてもOKです。

 

セレナへシートカバー取付所感

基本的には説明書の順番通りに進めていけば、取り付けられるよう詳しく書いてあります。

変に順番を変えると『また外さなきゃならない・・・』などの事態に陥るので、説明書通りに進めていけば間違いないです。

なのでここでは説明書の補足やコツなんかを説明していきますね。

取り付け場所とシートカバーは番号で紐づけ

シートカバーにはタグがついており、見るとこんなふうに番号が割り振られています。

説明書や内容明細書にシートの番号が割り振られた図があるので、これを確認して場所を間違えないように!

そもそも違うカバーを取り付けようとしても取り付けられないのですが、間違えて持ってきた時にガッカリきます。

リョウ
作業自体大変なので、こういう凡ミスで体力を奪われないようにしましょう

シートを被せるときは角までぴったりと!

全行程に言えることですが、とにかくピッチピチにシートカバーを被せることが大切です。

これがうまくいかないと仕上がりがダボついたり、カバーをうまく留められないといったトラブルに繋がります。

リョウ
妥協すると後々後悔しますよ・・・

全体の作業を通して大変なのが、指先の力がかなりいるということ。

シートがかなりタイトに作られていて余裕が無いので、取り付けにかなりの腕力・指先力が必要になります。

出来れば男性2人での作業がおすすめですね・・・。

また、力を使うのもそうですが、シートの狭いところに指を入れる必要があるので指先がかなり痛くなります。

リョウ
僕の場合、爪の間が裂けて2日くらい痛かったです

薄手の手袋なんかあると防げると思いますが、作業性は悪くなりますね・・・

一番大変だったのはテーブル周り

作業的に一番大変だったのは、1列目2列目の背もたれ部分の取り付け。

テーブルがついているので一旦外す必要があるんですが、車の内装を外したこともないのでビビりまくりでした。

ただまぁ外すのはネジで止まっているだけなので訳無いんですが、問題はカバーしたあとの取り付け。

カバー分厚さが出てくるので、取り付ける時にキツくなっていてかなり大変でした。

正直このテーブル周りの作業がうまく行くか行かないかで完成度がだいぶ変わってくると思います。

次に大変だったのは、アームレストやヘッドレストのカバー取り付け。

小さいので作業自体が細かい上に、タイトな作りなので力が必要になるんですよね。

リョウ
数も多いので心が折れそうになりました・・・

2列目アームレストの蓋が閉まりにくい

説明書通りにやってみたものの、2列目アームレストの蓋のロックがかからない・・・。

というわけで干渉しそうなところをカットしてみました。

ここまでやってみてようやく『抑え込んだらロックがかかる』状態まで来ました。

しかしこれ以上改善点が思いつかないので、とりあえずこのままにしました。

おそらく真ん中にしかビス止め箇所がないのが原因でしょうか・・・

もし四隅にあれば抑えられたんでしょうけど、こればっかりはどうしようもないですね。

リョウ
こうすればいいよっていうアドバイスあればコメントお願いします・・・

取り付け後の完成度は高い!

なんだかんだ大変ではありますが、説明書通りにやっていれば完成出来ました。

そして、かかった作業日数は2日、時間にして合計6時間くらいでした。

途中カバーを引っ張ってて手が滑り、自分の顔面を殴って鼻血を出すハプニングもありましたが・・・

リョウ
普通に痛かったです

僕はすべて一人で作業したんですが、体力的にも二人でやればかなり楽だったでしょうね・・・

で、取り付けた全景はこんな感じ!

どうでしょう?

純正シートのような仕上がりでかなり満足ですね!

手が痛くなったり結構な力仕事で大変でしたが、取付後はそれを吹っ飛ばしてくれるくらいの感動が・・・。

リョウ
頑張ったかいがありました

黒で統一され、見た目の高級感もGOOD。

個人的に一番嬉しいのは、アームレスト(2列目補助席)の収納蓋にシートカバーがついたこと。

純正状態だと布地のため汚れが目立っていたので、それが防げるだけでも大満足です。

ちょっとダボついてシワが出来てしまったのはちょっと後悔、今後気になるようであれば直したいと思います。

また、アームレストや3列目の跳ね上げなど、動作が少しキツくなりましたがそんなに気になりませんね。

3列目にいたってはバンドの長さを長くすれば良いので問題なしです。

最後に

以上、クラッツィオのシートカバーレビューでした。

初めてのシートカバー取り付けで大変ではありましたが、やって良かったと思います。

セレナはファミリーカーという特性上、やはり汚れやすいと思うので、シートカバーでガッツリ防護出来るのはありがたいです。

これからもガンガン乗り回していきたいですね。

それではこのへんで!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウ

リョウ

しがない会社員ブロガー。 自分が好きなモノ・コトを中心に配信中。 良かったらフォローしてください! また、質問があれば気軽にお問い合わせください!

-
-, , ,

Copyright© あーるがれーじ , 2019 All Rights Reserved.