MT-03をフェンダーレスにしてLEDウィンカー化したらイケメンになった

皆さんこんにちは、MT-03乗りのリョウ(@rgarage_ryo)です。

今回はタイトルにある通り、MT-03(2019’)をフェンダーレス化してついでにリアウィンカーをLED化しました!

チラ見せすると、こんなにも外観が変わるのでおすすめですよ!(しかも意外と作業は簡単でした)

写真を大量に撮りましたのでMT-25/03、YZF-R25/R3乗りの方はぜひ参考にしてくださいねー。

 

PLOT製フェンダーレスキットを使用

今回取り付けたのはPLOT製のフェンダーレスキット。MT-25/03とYZF-R25/03専用のキットです

フェンダーレスキットは色々な会社が販売していますが、今回はその中でもレビュー評価の良かったPLOT製をチョイス。

特徴としてはナンバー灯やウィンカーなど純正パーツはすべて流用して取り付けられる点。

また、余計なものがついていないシンプルでコンパクトな見た目もポイント。

リョウ
シンプルイズベスト

その他のキットとして、LEDナンバー灯が付属しているDAYTONA製なんかも人気ですよね

リョウ
上に挙げたフェンダーレスキットはどれも2016年~2019年モデルに取り付けられるパーツのようです。

2020年モデルはLEDになったりと変更があるので、買う方は間違えないように注意してくださいね!

まぁフェンダーレスキットはどれも大差ないと思うので好みで選んでいいと思います!

 

パーツの取外し

それでは作業を開始していきます!

まずは説明書に従いもろもろパーツを外していきますよー。

タンデムシートを外し、座ったときにお尻に当たる部分の樹脂パーツを外します

タンデムシート

六角ボルト2点で止まってるのでレンチで外します

小物入れという名の小さいプラスチックの箱も外します

樹脂パーツを外すと見えてくるボルト2本をソケットレンチで外してシートを外します

ここまでくると配線類が外せるようになります

シート類は案外簡単に外せるんだなと思いました。バイクの作りって意外と単純ですね。

リョウ
ボルトやねじ類は無くさないように!どこに何を使うか忘れないように分けておくのがベターですね。
あとどこにどのボルトがあったか写真を撮っておくのもおすすめです。

 

配線を外す

それではフェンダーにくっついているリアウィンカーとナンバー灯の配線を外していきます。

リョウ
電気系統を触るので一番良いのはバッテリーの端子を外すことですが、触るのも少々怖いので僕はつけたまま行いました・・・。

作業中はショートの可能性を少しでも無くしたいので、キーは回さずに作業しました。

上の画像の矢印部分に配線口があり、そこから線が3系統(左右ウィンカーとナンバー灯)が出てます。これを辿っていくとキボジとカプラーで繋がっているので外していきます。

ナンバー灯

リアウィンカー

リョウ
黒が共通でマイナス、緑と茶色がプラス側ですね。外す前にどちらかわかるように目印を付けておきましょう

キボシを手で外しにくい場合はラジオペンチ等を使うと簡単に外れます。

外しました

リョウ
いやぁ初めて配線を見ましたけど煩雑としてて結構汚いですね・・・いつかは整理したいなぁ

 

リアフェンダーを外す

配線が外れたのでフェンダーを外していきます。

フェンダーは4本のボルトで止まっているだけです。これもソケットレンチで外していきましょう

ボルトを外したら配線と一緒にバイクから取り外します。

外すとこんな感じです。こう見るとなかなかの存在感…!

これで車体重量も多少は軽くなったかな?

 

フェンダーからパーツ類を外す

フェンダーを外したらナンバー、ナンバー灯、ウィンカー、反射板を外していきます。

目に見えるボルトを外していけばバラバラに出来るので、難しいことはなかったです。

リョウ
もしかしたら今後純正に戻したい!となるかもしれないので、ボルト類は無くさないよう注意ですね!

こんな感じでバラバラになりました。

リョウ
以上でバラシは完了です! 結構疲れますね^^;

 

フェンダーレスキットを取り付けていく!

ようやく取り付けか・・・とげんなりしそうですが、ここまでくれば後はあっという間です。

リョウ
取り外し8割、取り付け2割くらいの感覚です

もう少しなので頑張りましょー。

 

ウィンカー類を取り付ける

まずはフェンダーレスキットにナンバー灯とウィンカーを取り付けていきます。

今回フェンダーレス化するにあたり一度純正ウィンカーを外すことになるので、どうせならついでにLED化してしまおうと思い購入しました。

今回取り付けたLEDウィンカーはこちら

ヤマハのバイクなのでヤマハでしょ!という安直な理由で選びましたが、実際見てみるとかっこいいじゃないか・・・

色はカーボン、ブラック、クロームの3色が展開されており、今回はブラックをチョイス。しまって見えてかっこいいですねー。

取り付けはヤマハ製ということもあってか純正と変わらない取り付け感でした。

それではナンバー灯と共に組み込んでいきます

ウィンカーは後で角度の調整をするのでボルトは仮締めにしておきます。

ここまで組んだらバイクに取り付けていきます。

あとは反射板とナンバーを取り付けて完了!

こんな感じになります

配線を接続する

次は配線を元通りに繋いでいきます。

ウィンカーを純正流用する場合は元通りに繋ぐだけなので簡単です。

僕はLEDウィンカーにしたのでちょっとした作業が必要になりました。

以下LEDウィンカーを取り付けた場合の手順になるので、飛ばしたいかたはこちらをクリック

 

LEDウィンカーの抵抗を取り付けてみる

LEDウィンカーをそのまま取り付けるとハイフラ現象が起きるため付属の抵抗をつける必要があります。

これが付属の抵抗。ウィンカー1個に対して1個ずつつけなければなりません。

つまりこのクソでかい抵抗を2個付けるということです。

ちなみに僕のバイクだけかもしれませんが、抵抗(ウィンカー側の配線も)とバイク側のキボシサイズが異なっていてガバガバな状態。

なのでキボシも購入しました。一応リンク貼っておきます。(僕が買ったやつが売り切れとなっていたので変わりのものを貼っておきます)

で、取り付けた様子がこちら

うん、スペース的に他の配線と当たらないようにするのは無理ですね。抵抗同士くっついちゃってますし(笑)

短時間の通電なら問題ないでしょうが、信号待ちなどあるので現実的に考えると無理でしょうね。

しかし、そんな問題を解決してくれる神アイテムがありました。

 

ウィンカーリレーを取り替える

LEDウィンカーにした時のハイフラ防止と抵抗を省略できる神アイテムがウィンカーリレーです。

使用したウィンカーリレーはこちら

評価も高く安かったデイトナ製を購入しました。デイトナってなんでもあるよねー。

リョウ
レビューを見るとバイクによっては不具合が出るようですが、MT-03には問題なく使えたというレビューがあったのでこちらをチョイス

ちなみにリレーから伸びているハーネスは使いませんでした。

それではリレーを交換していきます。

MT-03の2019年モデルのウィンカーリレーはこんなところにありました

2019年モデルになって位置が見直されたのか、ネットの記事で見た位置と違ったので探すのに苦労しました…。

外して大きさを比較してみました。

デイトナ製のほうが小さいですが取り付けには問題ありませんでした。

これでハイフラ現象を解消しつつ、抵抗を不要とすることが出来ました!

ヤマハLEDウィンカーのうたい文句にはリレー交換不要とありましたが、リレーを使うほうがスマートだと思います。

リョウ
あと欲を言えば抵抗の付属の有無を選択できるようにして、ウィンカーの値段を抑えて欲しいのも本音…

 

点灯確認を忘れずに

さて、配線も終わったのでシート類を戻したくなりますがその前に点灯確認を忘れずに!

左ウィンカーを付けたいのに右がついてる・・・とかありますからね。

また、キーを回す前に接続漏れが無いか、キボシが露出していてショートしないかなども確認!

リョウ
ヨシ!(安全猫並感)

これで問題がなければシート類を戻していきます。

シートの取り付けは取り外しの反対をやればいいだけなので説明は割愛しますね。

 

ようやく完成!!

紆余曲折ありましたがなんとか完成(汗)

ちょっとわかりにくいかもしれませんが見た目はこの通りかなりすっきりしてイケメンに!!

にゅーっと伸びたフェンダーが無いだけでこうもスッキリするんですねー。

あと、LEDウィンカーに変えたことでもガラッと印象が変わりました。

リョウ
MT-03特有のキュッと上がったお尻が目立つようになり、さらにカッコよくなってしまいました・・・

 

さいごに

使用したアイテムまとめ

フェンダーレスキット

LEDウィンカー

ウィンカーリレー

フェンダーレスにしたことにより外見がガラッと変わり、カスタムした感のあるバイクになりました!

ここまで大がかりなカスタムは初めてでしたが思ったよりも簡単で、トラブルなく出来たので楽しかったです。(カスタム沼にハマりそう)

記事を書いていて思ったのですが、リアLEDウィンカーの配線の防護と配線の整理はまたの機会にやろうと思います。

リョウ
とくにリアウィンカーの配線防護はマスト。むき出しなのですぐ劣化しそうですね・・・

また、このフェンダーレスというカスタムはメリットばかりでなく

  • 泥や砂を巻き上げて自分の背中にかかる
  • 後続車に飛び石被害をもたらす可能性

といったデメリットもあるので考え物です。

リョウ
ちなみにですがリアフェンダーは取り付け予定です。パーツも手元にあるので後日取り付けて記事にもする予定!

というわけで、リアフェンダーレス化とLEDウィンカー化をしてみました。

まだまだカスタムを考えているので良かったらTwitterフォローとシェアをよろしくお願いします!

\ この記事はいかがでしたか? /

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
リョウ

リョウ

割といろんな趣味を持つ既婚子持ちの会社員ブロガー。 自分が気になるモノを中心に配信しております。 質問があれば気軽にお問い合わせください! レビュー依頼等もお待ちしております。

-バイク
-, , ,

© 2020 あーるがれーじ